川口自主夜間中学とは

埼玉県にはかつて公立の夜間中学がありませんでした。
そこで「埼玉に夜間中学を作る会」が1985年から運動を起こし、それと共に教室を 開きました。

「川口自主夜間中学」は、火曜日と金曜日の週二回、川口駅から歩いて行ける キュポラM4階(火曜)と幸栄公民館(金曜)で開校しています。

年齢に関係なく、若い頃に学習する機会に恵まれなかった人、中学校過程を終了していない人、 不登校や引きこもりの小中学生、高校への進学を希望する人、それぞれの再チャレンジの場です。
最近は外国の方が日本語を学ぶために沢山来ています。


☆生徒募集中!

年齢・国籍・性別・職業などの条件は一切なく、誰でもいつからでも自由に参加 して勉強できます。



☆スタッフ募集中!

自主夜間中学で勉強を教えたり、生徒の相談にのったりするスタッフも募集して います。教員資格は要りませんし、毎回参加できなくても構いません。

5教科の他、中国語や韓国語・ベトナム語・ポルトガル語など外国語のわかる方に来て 頂けると助かります。



☆協力会員募集!

自主夜間中学と「作る会」の活動は、会員の皆さんの会費(年間1,500円)と カンパによって支えられています。

会員になって頂いた方には、会報の「銀河通信」 (年4回発行)をお送りして、埼玉に公立夜間中学を作る運動の取り組み状況や自主夜間 中学の様子をお伝えします。


受賞歴

2016社会貢献者表彰


2017NHK地域放送文化賞


☆川口自主夜間中学育英基金